成年後見

成年後見人等は、本人の利益のために、本人の意思を尊重して、本人の心身の状態や生活状況に配慮しながら、財産を管理したり必要な契約を結んだりすることによって、本人の権利を擁護し支援します。成年後見人に選任された人は、まず本人の財産目録・年間収支予定表を作成して家庭裁判所に提出します。それから、本人に代わって、介護サービスの利用契約や施設への入所契約などや財産管理を行うことになります。

財産管理

自分の大事な財産である預貯金、あるいは株式、さらに不動産。
「今は、自分で全ての管理をしているけれど、段々億劫になってきた」、あるいは、「一人暮らしで身近に頼れる家族がいない。もし体が利かなくなって施設に入所した後は、誰が面倒をみてくれるのだろう…。」
そんな方は、弁護士に財産管理を委任してみてはいかがでしょうか?
財産管理の内容は、あなたの希望、心配ごとに応じて、自由に決められます。

Copyright(c) ほなみ法律事務所 All Rights Reserved.