離婚

離婚をする場合、(1)慰謝料、(2)財産分与、(3)養育費、(4)親権者、(5)離婚後の氏(姓)など、いろいろな問題が発生します。また、離婚の手続も、裁判外での協議、調停、裁判と複雑です。ただでさえ精神的につらい時期に、法律問題まで一人で解決するのは大変です。

また、離婚するときの本人同士はたいてい感情的になっています。子どもの親権や、慰謝料、財産分与の額も、冷静には話し合えません。こんなとき、当弁護士は、子どもの幸せ、そして双方の今後の幸せを考え、裁判例なども参考に、適切なアドバイスをします。さらに裁判による離婚はもちろん、協議離婚、調停離婚にも当事者の代理人となり、冷静な第三者として、新たな出発に向けて早期解決のために助言し、活動します。

離婚に際して、相手から不当な要求をされている方も、泣き寝入りすることなく、早期に相談されることをおすすめします。

また、離婚成立後、「相手方が養育費の支払いをしてくれない」「会社が倒産して養育費が払えなくなった」といった離婚後の問題も、私たちにご相談ください。

Copyright(c) ほなみ法律事務所 All Rights Reserved.